2020年5月19日火曜日

平安Sのからくり

こんにちは。


平安Sです。


京都ですから基本的には前が有利ではありますが


それも「ロスなく」がもちろん重要ですし


上級条件では差し馬の能力も高いですから


そのコース特性を意識して「展開に応じた仕掛け


をできる「立ち回り性」をもっていますから


結局は3連系において「前・後」を注意しなければいけません。



1900m以上で「スタミナ・総合力」を問われる条件では

立ち回り性をぐっと上げるオメガパフューム。

ただここでは恒例の59キロですし明けのは余裕をまた残してくるのかどうか。

能力的には評価できますが「明けの調整・59キロ」で昨年3着で

それに昨年よりもメンツのレベルも高く「上り馬」もいますから

この場面に限っては慎重に扱っていきます。



距離は2000mまでこなせるゴールドドリームですが

1800m以上で馬場が標準的~タフで「スタミナに比重」がある条件

になるとどうしてもハイクラスでは結果まであと一歩で終い甘くなる印象。

今回も1900mで早い馬場ならこの馬にとっては良いですが

昨年の様なタフな馬場で仮に過剰に「外を回るロス」があった場合には

状態面」も含めて上り調子の格下に脚元を救われるかもしれません。

まずは「状態面・枠・馬場」です。



前走は同条件で半馬身着差のロードレガリスとスワーヴアラミス。

スワーヴアラミスよりも斤量は1キロ軽いは軽いですが

スワーヴアラミスより外目を追走しているロードレガリス。

直線では「気性のムラ」を見せてブレーキをかけていたようですがそれでも抜かせないのなら

完勝としても良い内容ではありました。

今回ロードレガリスは「明け」でスワーヴアラミスはコツコツ「叩いて」の再戦。

勝つための正攻法は堅実な池添騎手

相手の裏をかくスマートな騎乗の松田騎手

という「前走の反省+格上との試金」ですがまずは「状態面と枠」ですね。



前走は余力なしかヴェンジェンスも「状態面・枠・馬場・他の馬のロス加減」では

見せ場があっても良い範囲の馬ですから慎重に判断します。




平安Sの例年に「こういったレース質になるから狙いは?」といった


お決まりのパターン」が1つ(マガジン)(血統以外で)


血統も含めですが(毎回血統ももちろん重視しています)恒例のお決まりパターンから


大穴が絡むスキを見ていき


「状態」「上積み」「代わり身」「条件代わり」「血筋・適性の発揮」「展開の恩恵」「騎乗センス」「馬場差」「ロス」


のバランスで大穴3連※馬を考えていきたいと思います。





人気ブログランキング


先代のブログはこちらです🐴

マガジン詳細も載っています。

https://sanhatihati.blogspot.com/