2020年6月28日日曜日

宝塚記念の期待馬

こんにちは


宝塚記念です。




<馬場>

阪神は7Rで勝ち馬も2:14.4/上り36.5秒

2018年もこのクラスこのくらいの時計でしたが

本番は2:11.6/上り35.8秒でていますから

過剰に時計がかかると決めつけずに対応

雨が気になりますが・・・

やはり「1クセ」ありますね

内でロスなく運ぶことと

2頭目で運ぶことは大きく差はない印象ですが・・・

あとはマガジン馬場分析で書きます✏




さて、上位陣以外では・・・


グローリーヴェイズ

トーセンスーリヤ

ワグネリアン

ダンビュライト

キセキ

スティッフェリオ

ブラストワンピース


とこの辺は実績・データ・傾向・枠から自然と目がいくメンツ。


直線までに仕掛け遅れないように動けるポジション・対応=騎乗センス


馬場に合わせた騎乗


ロスなく運ぶ・展開条件」は必須です。




大穴3連※馬ですが・・・


人気で収まる要素は多いですが大穴が絡むには

内馬場が有利

2018年の様な平均的なペース

が必要で人気~中穴が外々を回されて終い甘くなるところを

内々で経済的に立ち回り直線も好位で内から抜け込むか

ワーザーの様に直線までロスなく立ち回って固まった馬群をキレので出る外目から差し込むか

使い込みで内馬場がきつく外目から馬が好走するか

定番のパターンにはなって来るでしょうが

それも馬場差次第でどっちのパターンが来るでしょうか



🐴ペルシアンナイト

根拠はおおむねわかると思いますが

いづれにしてもこの距離でもゲートからのいき脚がどうかもありますし

根本的なスタミナ自体どうなのかというところはありますが

血筋・枠・ローテ・馬場を考慮して万が一来られて嫌なので抑えます。

ゲート・スタミナとマイナス要素もあり現実的な大穴ではないですが念のため。


🐴※※※※※(マガジン※馬



⚠この大穴3連※馬は当然に「凡走前提」としていて


条件・展開が必須」なのがこの※馬


それゆえ絡んだ時に期待値をもって来るわけですが基本的には「凡走前提」でも


こういった馬を常に注意しておくことが高配当を掴むための考察感覚力につながりますから懲りずに注意し続けます。



堅実馬は枠の並び・状態・騎手・リスク・馬場・重量の総合的バランスからラッキーライラックですが馬格で体力を奪われるリスクはあるので


マガジン穴軸でも対応します。





人気ブログランキング


📕重賞マガジンの内容はこちら 👈タップ


📕重賞マガジンのお問い合わせはこちら
(返信できない方がいらっしゃいますのでドメイン設定を)

monnjyu_baken@yahoo.co.jp


👑2020年の実績はこちら 👈タップ



先代のブログはこちらです🐴

https://sanhatihati.blogspot.com/