2020年6月29日月曜日

宝塚記念的中でGI10連勝

こんばんは。


まずは結果からです。




<宝塚記念>


堅実軸 ラッキーライラック(5着)


穴軸 キセキ(2着)(マガジン穴軸


から馬券構成で


12番人気 モズベッロ(マガジン※馬)をきっちり抑えて


3連単 183870円的中◎




これで重賞16連勝でGI10連勝連達成👑


的中重視の馬券とは言えどもエプソムCを挟んでいるわけですから


ただのつなげた今までの記録とは意味合いが違いますし、直に嬉しいです🌸



さて、宝塚記念を振り返りましょう。


ブログでも書きましたが

阪神は7Rで勝ち馬も2:14.4/上り36.5秒


2018年もこのクラスではこのくらいの時計でしたが


本番は2:11.6/上り35.8秒でていますから


過剰に時計がかかると決めつけず


ただ雨が要所で降っていたので怪しい気配は漂っていましたね。


9Rまで馬場を見守っても本番までに時計の範囲を明確にしづらい流れで


普通に考えれば下級条件よりも早めになると考える場面ですが


嫌な予感もしていたので重賞マガジンでは馬場がよりタフなら堅実馬はクロノジェネシスと推奨


適正とスピードのバランスを問われるなら父オルフェーブルの方が優位性はあると思いましたが


よりタフでスタミナを問われるとやはり小柄で軽量の牝馬が強いですね、血筋としても。


馬場は内よりも外目の方が終いにつながる気配はありましたから


下級条件より早い時計なら位置をとりやすい枠で


外目競馬になりそうなラッキーライラックがベストと思い


サトノクラウンの様に3・4頭目で競馬すると想定したんですが


2頭目でしたし想定以上に馬場がタフでした。


ただどちらにしてもクロノジェネシスは強かったという内容でしたね。


マガジン穴軸のキセキにおいても運びに関しては


好位競馬からゲートが最悪出なくて控えても有馬である程度走っていましたから


状態と馬場差と仕掛け」さえ噛み合えばければ馬券に絡めるチャンスはあると想定して


それがハマり終わってみれば昨年の2着馬。


結果だけ見れば昨年の2着というだけで選定理由にはなるのかもしれませんが


外枠と近走の走りを見ればなかなか軸としては選定しづらいでしょうし


実際に他の中穴馬がこの馬以上にリスクがあったというだけで半分は消去法ですが


状態と馬場差」がクリアできればあとは騎乗一つでしたから結果オーライでしょう🏇


マガジン※馬のモズベッロですが


馬場差を考慮して外目で温存した運びから直線も終いにつながる外目競馬で3着。


狙っていた方も多いでしょうし別段ここで細かく書く必要はないでしょう。


宝塚記念を含めてご存じの様に前日や当日の天候が絡むと


少しの雨でもタフになり使い込みでの消耗度合いも変わる馬場読みの難しいパターンであり


イレギュラーな天候のこの時期は厄介で


阪神2200mともなると馬場の変化と読みと合間見合って


体力と適正と運びのバランスが明確にしたくてもできないですから


フタ開けてみれば「想定と違った」ということが多々ある時期とレース。


今回は馬場のタフさが「どの範囲に収まるのか」読みづらくそこは読み外しましたが


馬場差と消耗の進み方」は掴めていたのでそれがずれていなかったことが幸いしたというところで


全てが考察通りではなかったですがそれは競馬ならごくごく当たり前の範囲ですし


馬券構成に救われたというところですが


読めないパターンをケアする馬券構成でもあるのでここも手中の範囲。


内外の優勢劣勢が今回もぎりぎりまで読みづらかったでしょうからそういった場合は


決めつけずに広く対応しないと的中し続けることは難しいですが


これからも主観に流されすぎない様に対応していきます。




しかし今回もぎりぎりまで馬場に翻弄されてましたから頭痛いですね⚡


さてGI10連勝&重賞16連勝でどこまで的中できるかをご覧ください🌸



明日の予定です☟




<チェック👀>

・高配当は馬柱・血統・調教だけじゃ当たらない👉条件がいくつも必要

・毎週重賞を馬場状況から大穴を探して馬券に生かす情報

・好走軸の裏情報も載ってます。

・高配当を掴むための考察力を身に着けたい方

・まずは無料メルマガからお試しください☟

・無料メルマガ情報 ⇒ 募集が多すぎるので今月はいったん締め切ります



明日の夕方くらいにCBC賞のからくりです🏇





人気ブログランキング


📕重賞マガジンの内容はこちら 👈タップ


📕重賞マガジンのお問い合わせはこちら
(返信できない方がいらっしゃいますのでドメイン設定を)

monnjyu_baken@yahoo.co.jp


👑2020年の実績はこちら 👈タップ



先代のブログはこちらです🐴

https://sanhatihati.blogspot.com/